増大効果が期待できる植物系の成分

最新の商品を実際に飲んでみて、増大力・勃起力・興奮力を検証しランキング形式でまとめました。
ペニスを太く大きくする方法!

■マカやクラチャイダムなどの植物系の増大成分

●マカの効果

植物系の亀頭増大や精力増強成分として有名なのがマカです。元々マカは南米原産でアブラナ化の多年生の植物です。

マカは非常に栄養価が高いことで知られていて、特に男性の下半身の機能や精力増強に効果を発揮してくれやすいといわれています。

マカに含まれている成分は必須アミノ酸を含んだ十種類以上のアミノ酸や亜鉛や鉄分やビタミンなどが豊富に含まれています。

特に亀頭増大に効果のある『アルギニン』が豊富なのが特徴ですね。抗酸化作用や疲労回復、男性ホルモンの分泌促進までの効果が期待できます。

●アカガウクルアの効果

アカガウクルアは熱帯性植物で、ハーブとして昔から男性の性機能の向上に使われてきたという歴史を持っています。

効果としては疲労回復やストレス緩和効果やエイジングケア、血流促進効果や、精力アップなどの効果が期待できます。

●クラチャイダム

クラチャイダムはショウガに分類される植物で、原産地は東南アジアです。

タイでは、1000年以上前から滋養強壮効果が高い植物として知られていて、男性の下半身を鍛える目的だったり、勃起力のアップに使われてきました。

クラチャイダムに配合されている主な成分には抗酸化作用のあるフラボノイドや必須アミノ酸などが配合されています。

特にアルギニンに関しては、100gあたりの栄養価で比較するとマカの2倍以上も含まれており、亀頭増大、勃起力強化に非常に効果が期待できる植物です。

●モリンガとは

モリンガは正式にはワサビノキといわれていて、近年ではスーパーフードとして注目されている植物です。

短小ペニス

その特徴は栄養素が非常に豊富なことです。ビタミンミネラルはもちろんのこと、アミノ酸や食物繊維やポリフェノールなどさまざまな栄養素が贅沢に配合されています。

これらの栄養素がたくさん配合されていることにより、アンチエイジングや腸内環境の整い方はもちろんのこと疲労回復効果などさまざまないい効果が期待できます。

●田七人参の精力効果

田七人参は別名で三七人参とも呼ばれているウコギ化の植物です。中国南部が原産地となっていて、16世紀頃から現地で使われていましたが、最近まで輸出が禁止されていました。

最近になってから海外への輸出が解禁されて、中国以外の日本などでも増大サプリなどにも使われるようになりました。

田七人参に含まれている栄養素はサポニンやアルギニンやビタミンなどです。期待できる効果は活性酸素の不活性化や免疫力の強化などがあります。

●スピルリナとは

スピルリナは濃緑色の単細胞藻類で30億年以上前から同じ形で生息してきたという生物です。現在は熱帯地方のアフリカなどの湖に生息しています。

地球上に最初に出現した藻類のひとつだといわれていて、植物と動物に分化するまえの生物なので、両方の性質を持っています。

ベータカロテンをはじめとした鉄分やミネラルが豊富に含まれている藻類で、植物という位置づけにしましたが、タンパク質も豊富に含まれているのが特徴的です。

栄養素の吸収率も9割以上と非常に高いのが特徴的で現在様々な健康食品やサプリに応用されています。

直接的な亀頭増大作用は弱いですが、栄養価が非常に高い為、疲労回復や滋養強壮等の身体の根本からの健康維持を目的としています。

●やまいもの精力効果

山芋は中国や日本国内でも生息している植物で、食用としてはそのまま調理して食べることやすり下ろしてたべるとろろいもとして食べることが多いです。

やまいもに含まれている成分で注目なのが『ムチン』と呼ばれる成分です。ムチンには細胞の新陳代謝を促進させる働きがあります。

また、アルギニンや各種ミネラルも豊富に含まれているので、男性ホルモンの分泌促進効果なども期待できます。